体も心も必要以上に痛めつけないこと!

いくら急いでも、結果が出るのは三ヶ月とか先です。 筋トレを始める人は結果を焦る傾向にありますが、それはあまり賢明とは言えません。 続けていくうちに、結果も見え始め、楽しくなっていきます。 このトレーニングを辛いものではなく、楽しむように心がけていきましょう。

三ヶ月後の自分を考える

時々、自分の体を見て思うことはありませんか。
ああ、せめてもう少し痩せなければ(鍛えなければ)。
トレーニングをするきっかけは日々溢れていて、誰もが始めることはできるんです。
ただ、続かない。
なぜでしょうか?
時間がない、つまらない、きつい、毎日は面倒、などなどやめる理由はたくさんあって、しかも一日さぼると逃げ続けてしまう。
鍛えたいと思うなら頑張れよという声も聞こえてきそうですが、そういうことではないのは多くの人にわかってもらえるのではないかと。

自分で決めたことなんだから、とか、毎日やり続ければ効果は現れるから、とか。

私はここで、そういった毎日続けるための根性論的なメンタリティーを要求したいわけではありません。
だってそうでしょう?
これだけ科学が進歩していて、体のメカニズムも解析されていっているのに、楽をして大きな効果を得ることができないなんて、そっちの方がおかしいですもの。
どれだけきついことをやっても、空回りしているだけで、得られるのはただの自己満足だけなのは嫌ですよね(それもまた達成感はあって気持ちよさそうですが)。
小さな労力で大きな効果を、これをスローガンに頑張っていきましょう。

一つだけ付け加えるならば、どれだけ少なくとも「時間と労働」は支払わなくてはなりません。
タイトルに書いた通り、体も心も必要以上に痛めつけては続きませんし、効果も現れない。
ですが、小さな努力を続けることはできるはずです。
そこはみなさんの意識次第ですし、受け身になるだけでは効果は現れてきません。
でもまぁ、この心配は無用でしょう。
この文章を読んでいる時点で、能動的に行動ができる人たちでしょうから!